仮想マシンマネージャー X11 GUI の使用

仮想マシンマネージャー X11 GUI の使用

X11 アプリケーションを実行できるマシンに仮想マシンイメージを作成する予定ならば、最も簡単にそうする方法は、 virt-manager GUI を使用することです。これは、Fedora 系と Debian 系のシステムにおいて、 virt-manager パッケージとしてインストールできます。この GUI は、ゲストのグラフィカルコンソールを表示および操作できる、組み込みの VNC クライアントを持ちます。

コンソールの無いサーバーにイメージを構築していて、ローカルマシンに X サーバーが有る場合、GUI にアクセスするために、SSH の X11 転送を使用して virt-manager を起動できます。仮想マシンマネージャーは、libvirt と直接通信するため、アクセスするためには、一般的に root になる必要があります。root (または、libvirt と通信する権限を持つユーザー) として直接 SSH できる場合、次のとおり実行します。

$ ssh -X root@server virt-manager

サーバーに SSH するために使用するアカウントが、libvirt を実行する権限を持たず、sudo 権限を持つ場合、次のとおり実行します。

$ ssh -X user@server
$ sudo virt-manager

注釈

SSH に渡す -X フラグが、SSH 経由の X11 転送を有効化します。これが動作しない場合、-Y フラグに変更してみてください。

Click the Create a new virtual machine button at the top-left, or go to File ‣ New Virtual Machine. Then, follow the instructions.

_images/virt-manager.png

仮想マシンに関する情報を指定できる、一連のダイアログボックスが表示されます。

注釈

When using qcow2 format images, you should check the option Customize configuration before install, go to disk properties and explicitly select the qcow2 format. This ensures the virtual machine disk size will be correct.

Creative Commons Attribution 3.0 License

Except where otherwise noted, this document is licensed under Creative Commons Attribution 3.0 License. See all OpenStack Legal Documents.