イメージの入手

イメージの入手

OpenStack で動作する仮想マシンイメージを取得する最も簡単な方法は、すでに作成されたものをダウンロードすることです。ほとんどのイメージは、SSH キーペアとユーザーデータのインジェクションをサポートするために、cloud-init パッケージを含みます。多くのイメージがデフォルトで SSH パスワード認証を無効化しているため、キーペアインジェクションと一緒にイメージを起動します。秘密鍵とデフォルトのログインアカウントでインスタンスに SSH ログインできます。OpenStack でキーペアを作成して、インジェクションする方法の詳細は、 OpenStack エンドユーザーガイド を参照してください。

CentOS

CentOS プロジェクトは、直接ダウンロードできる公式イメージを管理しています。

注釈

CentOS クラウドイメージの場合、ログインアカウントは centos です。

CirrOS (テスト用)

CirrOS は、OpenStack Compute のようなクラウドでテストイメージとして使用するために設計された、最小の Linux ディストリビューションです。 CirrOS ダウンロードページ から CirrOS をさまざまな形式でダウンロードできます。

お使いの環境で QEMU や KVM を使用している場合、qcow2 形式のイメージを使用することを推奨します。執筆時点で最新の 64 ビット qcow2 イメージは cirros-0.3.5-x86_64-disk.img です。

注釈

CirrOS イメージでは、ログインアカウントは「cirros「 です。パスワードは cubswin:) です。

Debian

Debian は直接ダウンロードできるイメージを提供しています 。 Debian の CD/DVD イメージと同時に作成されています。したがって、イメージが Debian の各ポイントリリースにおいて利用できます。また、テストディストリビューションの週次イメージも利用できます。

注釈

Debian イメージの場合、ログインアカウントは debian です。

Fedora

The Fedora project maintains a list of official cloud images at Fedora download page.

注釈

Fedora クラウドイメージの場合、ログインアカウントは fedora です。

Microsoft Windows

Cloudbase Solutions は、Hyper-V、KVM、XenServer/XCP で動作する Windows Cloud Images を配布しています。

Ubuntu

Canonical は Ubuntu ベースの公式イメージ をメンテナンスしています。

イメージは、Ubuntu のリリース、イメージのリリース日により配置されます。最新は current になっています。例えば、Ubuntu 16.04 Xenial Xerus の最新イメージのページは Ubuntu 16.04 LTS (Xenial Xerus) Daily Build です。ページの最下部にスクロールすると、直接ダウンロードできるイメージへのリンクがあります。

お使いの環境で QEMU や KVM を使用する場合、イメージを qcow2 形式で使用することを推奨します。最近の Ubuntu 16.04 の 64 ビット qcow2 イメージは xenial-server-cloudimg-amd64-disk1.img です。

注釈

Ubuntu クラウドイメージでは、ログインアカウントは ubuntu です。

openSUSEとSUSE Linux Enterprise Server

openSUSE コミュニティーは openSUSE 用のイメージを提供しています。

SUSE は公式 SUSE Linux Enterprise Server クラウドイメージを管理しています。これらのイメージをダウンロードする場合、SUSE Linux Enterprise Server の有効なサブスクリプションが必要になります。

openSUSE と SUSE Linux Enterprise Server (SLES) の場合、 SUSE Studio という Web ベースのツールでカスタムイメージを構築することもできます。

Red Hat Enterprise Linux

Red Hat は公式 Red Hat Enterprise Linux クラウドイメージを管理しています。これらのイメージをダウンロードする場合、Red Hat Enterprise Linux の有効なサブスクリプションが必要になります。

注釈

RHEL クラウドイメージの場合、ログインアカウントは cloud-user です。

Creative Commons Attribution 3.0 License

Except where otherwise noted, this document is licensed under Creative Commons Attribution 3.0 License. See all OpenStack Legal Documents.