イメージの手動作成

イメージの手動作成

新しいイメージの作成は、OpenStack インストール環境の外部で実行する手順です。お使いのシステムで新しいイメージを手動作成し、そのイメージをクラウドにアップロードします。

新しいイメージを作成するために、ゲストオペレーティングシステムのインストール CD/DVD の ISO ファイルが必要になります。また、仮想化のツールにアクセスする必要があります。このために KVM を使用できます。または、(VMware Fusion や VirtualBox などの) GUI デスクトップ仮想化ツールを持っている場合、代わりにそれを使用し、完了後にファイルを raw に変更できます。

新しい仮想マシンイメージの作成時、ハイパーバイザーのグラフィカルコンソールに接続する必要があります。これは、仮想マシンのディスプレイとして機能し、お使いのキーボードとマウスを使用して、ゲストオペレーティングシステムのインストーラーを操作できます。KVM は、VNC (Virtual Network Computing) プロトコル、より新しい SPICE プロトコルを使用して、グラフィカルコンソールを利用できます。ここでは、お使いのデスクトップで動作する VNC クライアントを見つけやすいので、VNC プロトコルを使用します。

Database service のイメージを作成する場合、Building Guest Images for OpenStack Trove を参照してください。

Creative Commons Attribution 3.0 License

Except where otherwise noted, this document is licensed under Creative Commons Attribution 3.0 License. See all OpenStack Legal Documents.