[ English | English (United Kingdom) | 한국어 (대한민국) | русский | Türkçe (Türkiye) | Deutsch | 日本語 | Indonesia | 中文 (简体, 中国) ]

翻訳の確認方法

実際に使われる環境を使って翻訳を確認することは重要なことです。このページでは、翻訳の確認方法について説明します。

ドキュメント

docs.openstack.org を使った確認方法

翻訳されたドキュメントを OpenStack ドキュメントサイトで見ることができます。更新は 1 日 1 回行われます。ほとんどのコンテンツは以下のいずれかからリンクが張られています。

To build a translated document, you need to update the file doc-tools-check-languages.conf in each repository, and add an entry to BOOKS like ["ja"]="install-guide".

For a document in a stable branch, such as the installation guide for Liberty, you need to update the file doc-tools-check-languages.conf in the target stable branch directly.

特定のブランチ向けに生成されたドキュメントは http://docs.openstack.org/<branch>/<language>/<document> に配置されます。例えば、 Liberty 版の Ubuntu 向けのインストールガイドのリンクは http://docs.openstack.org/liberty/ja/install-guide-ubuntu/ です。

To add a link to a generated document, you need to update the file www/<lang>/index.html in the master branch of the openstack-manuals repository. Note that the web pages are published from master branch, which contains the pages for all releases, such as Liberty. Therefore, you don't need to update the file www/<lang>/index.html in the stable branch.

You can also check:

OpenStack 開発者ドキュメント

Currently, we do not support translations for OpenStack developer documents: http://docs.openstack.org/<project>

OpenStack Dashboard

Running OpenStack-Ansible

OpenStack-Ansible (OSA) provides Ansible playbooks and roles for the deployment and configuration of an OpenStack environment. As part of the project a feature named 'Translation Check Site' is developed. An OSA instance will fetch translation strings from translation platform, compile and serve these strings in Horizon. You need a machine with two or four CPU cores, at least 8 GB memory and 70 GB disk to run OSA.

$ BRANCH=master
$ git clone -b ${BRANCH} https://github.com/openstack/openstack-ansible /opt/openstack-ansible
$ cd /opt/openstack-ansible
$ ./scripts/gate-check-commit.sh translations

You can set the components of your AIO installation in tests/vars/bootstrap-aio-vars.yml. Dependly on your environment the installation takes 1-2 hours. For more details on the AIO configuration, please see OSA AIO documentation.

To fetch translated files regularly, execute this command manually or as a cron:

$ cd /opt/openstack-ansible/playbooks; \
  openstack-ansible os-horizon-install.yml \
  -e horizon_translations_update=True \
  -e horizon_translations_project_version=master \
  --tags "horizon-config"

DevStack を実行する方法

別のお手軽な方法は、自分の手元の環境で DevStack を実行して翻訳を確認する方法です。 DevStack を実行するには、 local.conf を準備する必要がありますが、心配しないでください。 local.conf ファイルの例がいくつもインターネット上で共有されていますし、最も簡単な例は以下にあります。これまでの経験上、 DevStack を快適に実行するのに必要なマシンスペックは、 CPU コアが 2 か 4、メモリーが 8GB、 ディスクが 20 GB です。 OpenStack の主要プロジェクトだけを動かしたい場合は、マシンに必要なメモリーは 2〜4 GB ともっと少なくなります。

$ BRANCH=master
$ git clone https://opendev.org/openstack/devstack.git
$ cd devstack
$ git checkout $BRANCH
<prepare local.conf>
$ ./stack.sh
<wait and wait... it takes 20 or 30 minutes>

$BRANCH は適切なブランチに置き換えてください。 master, stable/newton, stable/mitaka など。

以下の例は、 Newton リリースで、コアコンポーネント (keystone, nova, glance, neutron, cinder) と horizon, swift, heat を動かすための local.conf です。 horizon のコードが対応しているコンポーネントが選択されています。

[[local|localrc]]
BRANCH=stable/newton
# NOTE: We need to specify a branch explicitly until DevStack stable branch
# is prepared. At now, swift has no stable/newton branch.
CINDER_BRANCH=$BRANCH
GLANCE_BRANCH=$BRANCH
HEAT_BRANCH=$BRANCH
HORIZON_BRANCH=$BRANCH
KEYSTONE_BRANCH=$BRANCH
NEUTRON_BRANCH=$BRANCH
NOVA_BRANCH=$BRANCH
SWIFT_BRANCH=master

# When OS_CLOUD envvar is set, DevStack will be confused.
unset OS_CLOUD

# Ensure to fetch the latest repository when rerunning DevStack
RECLONE=True

# Translation check site usually does not use tempest.
disable_service tempest

enable_service heat h-api h-api-cfn h-api-cw h-eng
enable_service s-proxy s-object s-container s-account

enable_plugin neutron https://git.openstack.org/openstack/neutron $BRANCH
enable_service q-qos

enable_plugin neutron-vpnaas https://git.openstack.org/openstack/neutron-vpnaas $BRANCH

LOGFILE=$DEST/logs/devstack.log
SCREEN_HARDSTATUS="%{= rw} %H %{= wk} %L=%-w%{= bw}%30L> %n%f %t*%{= wk}%+Lw%-17< %-=%{= gk} %y/%m    /%d %c"
LOGDAYS=2
IDENTITY_API_VERSION=3

ADMIN_PASSWORD=change_me
MYSQL_PASSWORD=change_me
RABBIT_PASSWORD=change_me
SERVICE_PASSWORD=change_me

最新の翻訳の入手方法

翻訳はそれぞれのプロジェクトのリポジトリーに毎日取り込まれます。したがって、ほとんどの場合、自分で Zanata から翻訳を取得する必要はありません。必要なことは、最新の Horizon コードを取得することだけです。

DevStack を実行している場合、以下の 2 つの方法があります。

1 つ目の方法は horizon ノードのみを更新する方法です。以下のシェルスクリプトは、最新の horizon のコードを取得し、翻訳メッセージカタログをコンパイルし、 apache httpd サーバーをリロードします。 $BRANCH は適切なブランチ (master, stable/newton, stable/mitaka など) に置き換えてください。

#!/bin/bash

# Target branch: master, stable/pike, ...
BRANCH=stable/pike

cd /opt/stack/horizon

# Remove stale compiled python files
find horizon -name '*.pyc' | xargs rm
find openstack_dashboard -name '*.pyc' | xargs rm

# Fetch the latest code from git
git checkout $BRANCH
git remote update origin
git merge origin/$BRANCH

python manage.py compilemessages
python manage.py collectstatic --noinput
python manage.py compress --force
sudo service apache2 reload

もう 1 つの方法は、 DevStack の再実行です。 stack.sh を実行する前に local.confRECLONE=True を追加してください。こうすることで、 DevStack は horizon や他のプロジェクトの最新のコードを取得するようになります。

$ cd devstack
$ ./unstack.sh
<Ensure RECLONE=True in your local.conf>
$ ./stack.sh
<It takes 10 or 15 minutes>

CLI (コマンドラインインターフェース)

TBD

サーバープロジェクト

TBD