Kilo バージョンのリリースノート

主要な新機能

  • Webシングルサインオン経由での認証連携に対応しました。 keystone で設定した場合、ユーザーは OpenStack 環境が対応している認証機構から 1 つを選択できるようになります。この機能を使うためには、local_settings.py を変更して機能を有効にしなければなりません。この機能に関連する設定は こちら にあります。
  • テーマに対応しました。 Horizon でカスタマイズテーマを指定する、より簡単な機構が追加されました。カスタム CSS をインクルードするだけでなく、 Bootstrap の CSS 値と Horizon 変数の使用もできます。詳細は こちら を参照して下さい。
  • Sahara ユーザーインターフェースの改善 -- 追加のガイド付きクラスター作成とガイド付きジョブ作成ページにより、Sahara のユーザーインターフェースの利便性が劇的に改善しました。
  • インスタンス作成ウィザード (ベータ版) -- 既存のインスタンス作成ワークフローにおける利便性の問題を解決するため、インスタンス作成ワークフローが AngularJS で完全に再実装されました。機能の導入が遅かったこと、限られたテストしか行われていないため、この機能は Kilo ではベータ版とされ、デフォルトでは有効になっていません。新しいワークフローを使用するためには、local_settings.py で LAUNCH_INSTANCE_NG_ENABLED = True を設定する必要があります。また、 LAUNCH_INSTANCE_LEGACY_ENABLED = False でデフォルトのインスタンス作成ウィザードを無効化します。この新機能は、Horizon の開発の将来像となるでしょう。
  • Nova
    • ハイパーバイザー上のサービスの有効可、無効化に対応
    • あるホストからの全インスタンスのマイグレーションに対応
    • シリアルコンソールの公開
  • Cinder
    • Cinder v2 API がデフォルトになりました
    • ボリュームの管理/非管理に対応 -- 管理者が cinder の管理対象外の既存のボリュームを cinder の管理対象にしたり、逆に管理対象外にしたりできます
    • プロジェクト間のボリュームの譲渡に対応
    • ボリューム暗号化メタデータに対応
  • Glance
    • 管理者が Glance メタデータ定義の参照/追加/変更を行うビューが追加
  • Heat
    • スタックテンプレートのビューが追加
    • オーケストレーションリソースのパネルが追加
    • スタックの休止/再開アクションが追加
    • スタックのプレビューのビューが追加され、ユーザーがスタックの作成前にテンプレートで指定されたスタックをプレビューできるようになりました
  • Trove
    • Trove インスタンスのリサイズ -- インスタンスのフレーバーの変更
  • Ceilometer
    • Ceilometer からの IPMI メーター値の表示
  • Horizon における新しい再利用可能な AngularJS ウィジェット:
    • AngularJS でのテーブルの実装
      • テーブル描画機能 -- 拡張可能なテーブルコンテンツ
      • クライアント側/サーバー側での検索の改良
    • テーブルウィジェットの転送
  • Horizon のトップ階層を '/' 以外に変更可能になりました

既知の問題

アップグレード時の注意

  • Django 1.7 に対応しました。