Ussuri バージョンのリリースノート

18.3.5-9

バグ修正

  • Previously, ToggleSuspend class checked os-rescue policy for resume operation. By this fix, the class checks 'os_compute_api:os-suspend-server:resume' policy to align to resume operation.

18.3.3

セキュリティー上の問題

  • URL 内の "next" パラメーターを指定することによって特定のビューから任意のアドレスにユーザーをリダイレクトすることが可能であったオープンリダイレクトが修正されました。現在は、ターゲットの URL が同じドメイン内にあるか、同じプロトコルを使用している場合にのみ機能するようになりました。

18.3.0

新機能

  • Added support for Keystone locking user option. Locked user can't change own password using the self-service password change API. By default, users are unlocked and can change their own passwords. In case of older Keystone not supporting this feature, all users treated as unlocked.

  • グラフィックユーザーインターフェースでユーザーがコンテナーに使用するストレージポリシーを選択できるオプションが追加され、コンテナーの情報にコンテナーのストレージポリシーが表示されるようになりました。

廃止予定の機能

  • The legacy way to retrive neutron resource usages is deprecated. In future, horizon will require quota_details neutron extension. In the legacy way, horizon list all related resources to count resource usage. It is not efficient and quota_details neutron extension was added to address it. It was implemented in Pike release and the enough migration period has passed, so we deprecate the legacy way.

18.1.0

新機能

  • Introduced a new DEFAULT_BOOT_SOURCE config option to allow operators to configure a default instance boot source.

18.0.0

新機能

  • サポート対象のディスク形式を glance から取得するための機能が追加され、disk_formats は glance-api.conf でのみ調整できるようになりました。形式名の調整には、IMAGE_BACKEND_SETTINGS を引続き使用することができます。

アップグレード時の注意

  • Django 1.11 はサポートされなくなりました。Django 1.11 の延長サポートは、 Ussuri がリリースされる前の 2020 年 4 月に終了しました。この点を考慮し、Horizon では Django 1.11 がサポートされなくなり、 Django 2.2 がデフォルトで使用されるようになっています。

  • Python 2.7 はサポートされなくなりました。Python 2.7 をサポートしている Horizon の最後のリリースは OpenStack Train です。現在 Horizon でサポートされている Python の最小バージョンは Python 3.6 です。

廃止予定の機能

  • OPENSTACK_NOVA_EXTENSIONS_BLACKLIST option is deprecated. All of the nova API extensions have been mainlined several releases ago and there is no potential performance issue in the nova API. This option is used only to toggle features in horizon and there seems no performance issues controlled by the option in horizon. Considering this situation, this option is deprecated now.

17.1.0

新機能

  • アプリケーション認証情報のアクセスルールがサポートされるようになりました。作成時にアクセスルールの一覧を提供することにより、アプリケーション認証情報に対して、粒度の細かい制限を適用できるようになりました。詳しい情報は、Keystone のドキュメント を参照してください。

バグ修正

  • これまでなかった Nova の os-aggregates ポリシールールがダッシュボードに追加されました。

  • これまでなかった、Nova の os-flavors ポリシールールがダッシュボードに追加されました。

その他の注意点

  • OPENSTACK_KEYSTONE_URL のデフォルト値が "http://%s:5000/v3" % OPENSTACK_HOST から "http://%s/identity/v3" % OPENSTACK_HOST に変更されました。

17.0.0

アップグレード時の注意

  • Ussuri リリースでは、Glance API V1 のサポートが削除されました。Glance V1 API のサポートは、Stein リリースで非推奨となっていました。

  • enable_quotas in OPENSTACK_NEUTRON_NETWORK is now enabled by default. Neutron provides the quotas API for long and most horizon deployments are expected to enable this, so the feature is enabled by default. If your deployment disables the neutron quotas support, make sure to set this value to False.

その他の注意点

  • The default values of the settings listed in local_settings.py.example in past releases have been moved to openstack_dashboard/defaults.py. By doing this, horizon can now provide the definitions of the default settings more explicitly. For the available settings, see openstack_dashboard/defaults.py and the horizon setting reference found at https://docs.openstack.org/horizon/latest/configuration/settings.html.

    本リリースでは、Django 関連の設定および HORIZON_CONFIG は引き続き local_settings.py.example に存在しており、今後のリリースで再検討される予定となっている点に注意してください。