Train バージョンのリリースノート

16.2.1

セキュリティー上の問題

  • URL 内の "next" パラメーターを指定することによって特定のビューから任意のアドレスにユーザーをリダイレクトすることが可能であったオープンリダイレクトが修正されました。現在は、ターゲットの URL が同じドメイン内にあるか、同じプロトコルを使用している場合にのみ機能するようになりました。

バグ修正

  • [bug 1744670] Previously when a custom SSL CA is used horizon cannot retrieve volume and snapshot information from cinder. It is fixed now and a custom CA is handled properly in horizon when communicating with cinder.

16.2.0

アップグレード時の注意

  • Horizen で以前使用されていた pyScss 1.3.4 が setuptools 46 では機能しないという非互換性が原因で、pyScss 1.3.7 が必須となりました。

  • pyScss が 1.3.7 にアップグレードされたのにともなって、マテリアルデザインテーマが適切に機能するための回避策が追加されました。詳しくは [bug 1771559] を参照してください。

16.0.0

新機能

  • Users can now change their password when it expires or is required to be changed on the first use. A new setting ALLOW_USERS_CHANGE_EXPIRED_PASSWORD has been added allowing administrators to disable that feature.

  • [blueprint kubernetes-config-gen] Horizon now supports the optional automatic generation of a Kubernetes configuration file (kubeconfig) based on application credentials. Adds a new download button for this purpose in the application credentials creation dialog.

  • ブロックストレージボリュームをバックアップする Cinder の機能を Horizon で使用できるようになりました。

  • Django 2.2 は試験的にサポートされています。 Django 1.11 (LTS) および 2.0 も、Stein リリースと同様にサポートされており、 Django 1.11 は現在も Django の主要サポートバージョンとなっています。

    Note that only horizon is verified with Django 2.2 and most horizon plugins are not verified with Django 2.2. If you enable horizon plugins in your environment, we would suggest to use Django 1.11 or 2.0. Be careful when you enable horizon plugins with Django 2.2.

  • [blueprint multi-Attached-volume-support] Horizon now support Multi-Attached volume. User is now able to attach a volume to multiple instances. The ability to attach a volume to multiple host/servers requires that the volume type includes an extra-spec capability setting of multiattach=<is> True. Horizon automatically detects and enable multi-attach-volume feature.

    API の制限:

    マルチアタッチ対応のボリュームは、Nova API マイクロバージョン 2.60 以降でのみ接続が可能です。

アップグレード時の注意

  • Train リリースでは、Horizon の Cinder 整合性グループサポートされなくなりました。これは、Cinder の Pike リリースおよび Horizon の Stein リリースで非推奨となっていました。この機能は、汎用グループの機能に置き換えられ、Horizon は汎用グループを完全にサポートしています。

  • Keystone API V2 support has been dropped in Train release. Keystone V2 API support was deprecated in Stein release. If you use Keystone V2 before, you should update the OPENSTACK_API_VERSIONS configuration option to use Keystone V3 API.

  • policy.json files for Cinder, Keystone Neutron and Nova are generated according to Policy file maintenance. Keystone changes to policy rules <https://docs.openstack.org/releasenotes/keystone/stein.html#prelude>__, are not compatible with the Horizon so we keystone_policy.json is not updated. Please, be sure that new Keystone policies are compatible with your deployment before syncing them.

  • 非推奨となった ENABLE_FLAVOR_EDIT 設定オプションは削除されました。

  • Stein リリースより、非推奨となった SHOW_KEYSTONE_V2_RC は削除されました。

  • python-cinderclient >=4.0.1 is now required to fix bug 1824017. Cinder API 3.55 or later does not accept additional properties but python-cinderclient older than 4.0.0 sends additional properties like used_id, status and so on. Horizon uses Cinder API 3.58 to create a volume, and this means the volume creation fails if python-cinderclient <4.0.0 is used. To handle this, the minimum requirement of python-cinderclient was bumped to 4.0.1.

バグ修正

  • [bug 1840465] ルールが設定されていないセキュリティーグループが 1 つ以上ある場合に、セキュリティーグループの一覧表示が機能しないバグが修正されました。

その他の注意点

  • イメージを新規作成する際のデフォルトの公開範囲が プライベート から 共有 に変更され、Glance での Image API v2.5 からの デフォルト値の変更と一致するようになりました。

  • The default values of the settings listed in local_settings.py.example in past releases have been moved to openstack_dashboard/defaults.py. By doing this, horizon can now provide the definitions of the default settings more explicitly. For the available settings, see openstack_dashboard/defaults.py and the horizon setting reference found at https://docs.openstack.org/horizon/latest/configuration/settings.html.

    本リリースでは、Django 関連の設定および HORIZON_CONFIG は引き続き local_settings.py.example に存在しており、今後のリリースで再検討される予定となっている点に注意してください。